ここから本文です

甲府、ダヴィの復帰決定「攻撃で力を発揮したい」…今夏3人目のブラジル人FW補強

SOCCER KING 8月3日(水)11時56分配信

 ヴァンフォーレ甲府は3日、練習に参加していたブラジル人FWダヴィの加入と、7月27日付けでナイジェリア人FWチュカとの契約解除を発表した。

 7月21日から練習に参加していたダヴィは、クラブ公式サイトを通じて、「ヴァンフォーレ甲府は私をサッカー選手として成功に導いてくれたクラブであり、その甲府で再びプレーできることを嬉しく思います。チームの状況も悪くないと思いますので、攻撃で自分の力を発揮し、今より順位を上げ最大の目標であるJ1残留に貢献したいと思います」とコメントした。

 現在32歳の同選手は、2007年にブラジルのCSアラゴアーノからコンサドーレ札幌に移籍し、2009年からは名古屋グランパスでプレーした。同年7月にカタールのウム・サラルへ移籍。中国の北京国安を経て、2011年7月にヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍で加入した。2013年からは鹿島アントラーズでプレーしたが、昨季限りで退団。キャリア通算ではJ1リーグで114試合出場46ゴール、J2リーグで77試合出場49ゴールを記録している。

 甲府にとってはダヴィが今夏3人目の外国籍選手補強となる。6月22日にブラジル人FWクリスティアーノが柏レイソルへ移籍し、7月5日にブラジル人FWドゥドゥの完全移籍加入が決定。同19日にはブラジル人FWニウソンとの契約を解除し、翌20日にブラジル人MFマルキーニョス・パラナの3度目の加入を発表した。そして同月27日には、今季加入し公式戦14試合出場1ゴールをマークしたチュカとの契約を解除。オーストラリア人MFビリー・セレスキーも含めて埋まっていた外国籍選手枠を確保し、ダヴィの獲得に至った。

 なお、甲府は3日に韓国人DFイ・ヨハンの練習参加も発表。イ・ヨハンは、 2004年に仁川ユナイテッドFCでデビューし、全北現代モータース、城南FCなど韓国国内クラブを渡り歩き、2016年からはタイのエアフォース・セントラルFCでプレーしていた。

SOCCER KING

最終更新:8月3日(水)11時57分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]