ここから本文です

元柏ユースのMF禹相皓がモンテネグロ1部から韓国2部・大邱FCへ移籍

SOCCER KING 8月3日(水)14時41分配信

 MF禹相皓(ウ・サンホ)が、Kリーグチャレンジ(韓国2部)の大邱FCに移籍することが明らかになった。同クラブ及び選手をサポートする、ユーロプラスインターナショナルが発表した。

 同選手は昨シーズン、モンテネグロ1部ペトロバツにて活躍、その活躍がスカウト・エージェントの目に留まり、同クラブよりトライアウトオファーが届いた。7月のキャンプにて、トライアウトに参加。首脳陣、監督に能力を認められ、契約を結ぶに至った。

 禹相皓は移籍に際して以下のようにコメントしている。

「大邱FCというチームの一員になれた事、凄く嬉しく思います。僕にとって新たなチャレンジになりますが、楽しんでやっていきたいです」

 大邱FCは、2002年に韓国史上初の「市民サッカークラブ」として創立された新興クラブ。2002年日韓ワールドカップに合わせて建設された、大邱スタジアム(約65,000名収容)をホームグラウンドとする。2013年までKリーグクラシックに所属し、現在は、2部に相当するKリーグチャレンジに所属している。

【経歴】
MF禹相皓(柏レイソルユース-明海大学-FC KOREA-OFKペトロバツ(モンテネグロ1部)-大邱FC(韓国2部))

SOCCER KING

最終更新:8月3日(水)14時41分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。