ここから本文です

中国株:1週間ぶり大幅高、終盤に上値伸ばす-香港は台風で取引中止

Bloomberg 8月2日(火)14時1分配信

2日の中国株式相場は1週間ぶりの大幅高。不動産株を中心に買われた。売買が低調な中で、取引終盤に上値を伸ばした。香港市場の取引は台風のため終日中止となった。

上海総合指数は前日比0.6%高の2971.28と、3営業日ぶりに反発して終了。指数は年初来では16%下落している。売買は5月30日以来の低水準。

不動産会社の新城控股(601155 CH)が約3カ月ぶり高値。不動産株の指数は3週間ぶりの大幅高となった。小型株から成る創業板(チャイネクスト)指数は0.7%高と、前日に付けた6週間ぶり安値から反発した。

キングストン・ファイナンシャル・グループの調査担当エグゼクティブディレクター、ディッキー・ウォン氏は、取引終了にかけて「テクニカルリバウンドがあった」と指摘。「センチメントが良くなく、株式市場に資金を投じる意欲が投資家にないため」売買は低調にとどまっていると述べた。

原題:China Stocks Rise Most in a Week as Storm Shuts Hong Kong Market(抜粋)

Kana Nishizawa

最終更新:8月2日(火)18時43分

Bloomberg