ここから本文です

[総体]王者・市船の中盤に君臨したMF金子「もっとレベルアップして」3冠狙う

ゲキサカ 8月3日(水)2時1分配信

[8.2 全国高校総体決勝 市立船橋高 1-0 流通経済大柏高 Eスタ]

「堅守市船」の中心として優勝に貢献した。市立船橋高MF金子大毅(3年)は大会を通して中盤でハイパフォーマンスを披露。大会優秀選手に選出された。

 大会序盤はダブルボランチの一角として、準々決勝以降は3ボランチの中央で存在感。味方が体力的に厳しい時間帯でも走りぬき、ボールを奪い切る力を発揮し続けた。準々決勝の後半終盤にはインターセプトから一気に推進力あるドリブルで前進。決勝点をアシストするビッグプレーもあった。
 
 その金子は決勝でも攻守のリンク役として杉岡大暉、原輝綺の両CBの間まで下りてビルドアップ。前半終了間際には自陣から決勝点の起点となる絶妙パスをMF西羽拓へ通した。本人はロングパスの精度について課題を口にしていたが、守備面では球際厳しく相手にチャレンジし、クロスをポジショニングよく跳ね返すなど無失点勝利に大きく貢献した。

「日本一取れたのは、今までにないくらい嬉しいですけど、これからプレミアだったり、選手権だったりあるので、そのためにこれからもっとレベルアップして取りに行けたらいい」と引き締めた金子は、「(個人的には)きょうもやっぱりロングパスの質だったりミスで終わっていることが多いので、その質を上げることと、みんなを巻き込めるような存在になることです」と意気込んだ。

 昨秋からのレギュラー。中心選手として欠かせない存在になったMFはチームリーダーとして仲間たちを「巻き込んで」影響を与えるような存在になる。

(写真協力=高校サッカー年鑑)

最終更新:8月3日(水)2時55分

ゲキサカ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。