ここから本文です

[MOM1840]清水ユースMF鈴木魁人(2年)_“盛り上げ隊長”が一念発起!「ピッチでも主役になれ」に応えて2発

ゲキサカ 8月3日(水)12時5分配信

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[8.2 クラブユース選手権(U-18)準決勝 神戸U-18 1-3(延長)清水ユース 味フィ西]

 盛り上げ役が主役となって輝いた。清水エスパルスユースは1-1でもつれこんだ延長戦の末にヴィッセル神戸U-18を3-1で下し、14年ぶりの決勝へ進んだ。延長戦で2得点の活躍をみせたのは、途中出場で投入されたMF鈴木魁人(2年)だった。

 底抜けに明るくハツラツとした鈴木は、チームの“盛り上げ隊長”。宿舎などではいつも“一発芸”を披露する役回りだという。しかし、準決勝直前のミーティングで平岡宏章監督から「(一発芸などをする)ホテルだけで主役になるのではなく、ピッチでも主役になれ」と檄を飛ばされた。

 この言葉を受けた2年生MFは「自分はテクニックとかないので、中盤でのプレーとかはまったく期待されていないんです」と苦笑しつつ、「“ゴール前で何かを起こせ”と言われていて。そこしかできないので、そこで何かを残してやろうという気持ちで入りました」と一念発起したと明かす。

 そして1-1の後半27分に途中出場で投入される。果敢に裏へ抜け出してはゴールを目指した。90分間で決着はつかず、10分ハーフの延長戦へ。ついに鈴木が仕事を果たす。延長前半2分、MF多田愛稀のドリブル突破から受けたMF吉田峻が浮き球を入れる。飛び込んだ鈴木が頭で決めた。

「得点する前にヘディングで外していたので、今回はクロスが上がってきたので、抑えてシュートしようとボールに頭を弱く当てたのが上手く入ってくれてよかったです」

 勢いにのった鈴木は延長後半6分に追加点も記録。右サイドで受けたDF梅村豪の右クロスをファーサイドのFW中野優太が頭で落としてのゴール前混戦。鈴木が押し込んだボールは一度DF跳ね返されるも、再び鈴木の下へ。「突っ込んだので、もうどこに当たったか分からない感じで」。無我夢中で押し込んだボールはネットを揺らした。

 清水ユースは鈴木の活躍で3-1の勝利。実に14年ぶりのファイナル行きを決めた。試合後、平岡監督からは「ナイスゴール」と声をかけられ、思わず頬を緩めた鈴木だったが、指揮官からはすかさず「調子に乗るなよ」と釘を刺された。“盛り上げ隊長”は「結構すぐに調子に乗っちゃうので……」とハニかみながら頭をかく。

 ジョーカーとしての役割も全うした鈴木だが、実際にはスタメンで出場したいという気持ちもやはりあるようだ。それでも「最初から出ても、後から出ても、やるべきことは点を取ること。与えられた役割を全うすることがチームが勝利に一番近づくことだと思うので。与えられたことは必ず全うしていきたい」と精悍な表情もみせた。

 決勝の相手はFC東京U-18。プレミアリーグEAST同士の対戦となる。4月9日に行われたプレミアEASTの開幕戦では、清水がFC東京U-18に1-0で勝利。奇しくも後半41分にCKから鈴木が決めたゴールが決勝点だった。

 2試合連続での主役へ。FC東京U-18戦へ「いいイメージはありますね」と話したMFは「身長や体格は向こうの方が大きいと思うんですけど、自分たちには自分たちの良さがある。パス回しや背後の動きというをたくさんしていきたい。うちは速さや特徴ある選手が多いので、相手がこの暑さで走りきって、やり辛くなるときがあると思う、そこでの隙を突いていきたいです」と誓った。

 “盛り上げ役”からピッチの主役となった2年生。決勝戦でもベンチから仲間の戦いを見守り、そっと出番を待つ。そしてピッチへ立った時、仕事を果たすべき、その瞬間をつかみとる。

最終更新:8月5日(金)6時21分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]