ここから本文です

シュバイニーがバイエルン復帰か…クラブ会長や主将も歓迎「意思を確認したい」

ゲキサカ 8月3日(水)12時5分配信

 マンチェスター・ユナイテッドからの移籍が決定的となっているMFバスティアン・シュバインシュタイガーの新天地がバイエルンになるのではないかと言われている。

 1日に32歳になったシュバインシュタイガーだが、同日にロッカールームの自分の棚の整理をしたと報道されている。ジョゼ・モウリーニョ監督の構想には入っておらず、現在は移籍先を探している状況だ。

 そこで有力候補に浮上しているのが、古巣のバイエルンだ。バイエルンは昨年夏にユナイテッドに移籍するまで、プロキャリアのすべてを過ごしたクラブ。ユナイテッドとの契約を残しているが、『ビルト』によると、カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は「彼がバイエルンに戻りたいかどうかの意思を確認したい。きちんとこの件について話し合うつもりだ」と、いつでも扉が開いていることを強調した。

 またバイエルンの主将であるDFフィリップ・ラームも歓迎の意思を示している。「このクラブにふさわしい選手を集めるのが大切だ」と語ると、「バスティはここのことならなんでもわかっている。またこのチームでプレーすることになるんじゃないかな」と希望を語った。

最終更新:8月3日(水)23時3分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]