ここから本文です

久保断念で五輪メンバー入りのFW鈴木武蔵 「あいつの分まで」と奮闘誓う

ゲキサカ 8月3日(水)12時12分配信

 立場は変わった。しかし、自分がやるべきことは変わらない――。

 FW久保裕也(ヤングボーイズ)の招集が断念されたことで、バックアップメンバーとして1日にチームに合流したFW鈴木武蔵(新潟)は、リオデジャネイロ五輪日本代表メンバー入りすることになった。

「複雑な気持ちではあります。けど久保の思いを考えると、やっぱりあいつの分まで頑張らなきゃと思う」。五輪出場を熱望しながらもチーム事情により、それが叶わなくなってしまった仲間の思いを背負って戦うと誓う。

 バックアップメンバーから五輪代表メンバーへ。立場は変わったものの、「バックアップのときからチームのためにできることをやろうと思っていたので、チームのためにできることをやるだけ」と五輪に臨む姿勢は変わらない。

 しかし、ピッチに立つ権利を得たからこそ、「せっかく巡って来たチャンスなので、やっぱりモノにしたい。メダルを取って帰ってきたい」と決意を新たに五輪に挑む。

最終更新:8月3日(水)15時0分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]