ここから本文です

[総体]市船の2年生CB今村直也、超高校級の先輩CB2人に「近づけるような存在に」

ゲキサカ 8月3日(水)18時48分配信

[8.2 全国高校総体決勝 市立船橋高 1-0 流通経済大柏高 Eスタ]

 市立船橋高の2年生CB今村直也は今季の高円宮杯プレミアリーグEASTや総体予選で出場機会を得ているDFだ。今回の全国高校総体では秋田商高との初戦で先発出場。無失点のままハーフタイムで交代し、その後の5試合はベンチで出場準備をしながら、ともにJ注目CBの杉岡大暉主将や原輝綺のプレーを学ぶ時間となった。

「プロへ行きそうな2人の選手がいる中、メンバーに入って、来年にはこの人達に近づけるような存在になりたいなとこの大会で思ったし、この大会をきっかけに自分も変わって行けたらな思います」と今村。本人は「素直に優勝できたのは嬉しい」と口にした一方、試合出場を増やせなかった悔しさを口にしていた。

 それだけに2人の超高校級CBの活躍を目の当たりにした今大会から変わることができるか。総体予選決勝では流通経済大柏高とエアバトルを演じて、延長終了間際まで無失点に抑える健闘。「自分的には空中戦を得意な部分があるので、もうちょっとそこにこだわってやっていきたい。あと、ビルドアップが苦手なので、それは原さんと杉岡さんを見習って、もっと成長していきたいです」と誓った。

 同じく市立船橋に所属するMF今村卓也(2年)は双子の兄。今回メンバー外だった兄とともに来年、優勝旗を持って全国総体の舞台に戻り、連覇に挑戦するという目標もできた。

[写真]チームメートと喜び合う今村(左)。(写真協力=高校サッカー年鑑)

最終更新:8月3日(水)18時48分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報