ここから本文です

イブラがルーニーをパートナーに指名「彼の横にいることに満足」

ゲキサカ 8月3日(水)23時5分配信

 今季よりマンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWズラタン・イブラヒモビッチが、FWウェイン・ルーニーをパートナーに指名した。公式サイトが伝えている。

 34歳のイブラヒモビッチは、7月30日に行ったガラタサライとの親善試合で開始4分のボレー弾を決めるなど、さっそく存在感を見せつけている。一方のルーニーも同試合の後半にPKを含む2発を決める活躍を見せたが、中盤なのか、FWなのかといった起用法については不透明なままだ。

 公式チャンネルの『MUTV』に答えたイブラは「何年か前にもストライカーの完ぺきなパートナーは、ウェイン・ルーニーであると述べたことがある。彼は自分自身のためだけでなく、チームのために動くことが出来る。俺は彼の横にいる選手であることに非常に満足している」と語った。

 さらにルーニーへの称賛は続く。「彼は素晴らしい経歴を持っている。彼はマンUで長い時間を過ごしている。12年もだ。彼は18歳の時にここにやってきたと思うが、そんなに長くトップクラブに居続けることは簡単ではない。プレーヤーが入れ替わる中で、彼はずっと居続けているんだからね」と4歳年下のプレーヤーへの敬意を示した。

最終更新:8月3日(水)23時29分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。