ここから本文です

北朝鮮の弾道ミサイル、日本の排他的経済水域内に落下

Bloomberg 8月3日(水)14時39分配信

北朝鮮の弾道ミサイルが3日午前、日本の排他的経済水域(EEZ)内に初めて落下した。日本政府当局者は強く非難した。

韓国と日本の防衛当局者によると、ミサイルは中距離弾道ミサイル「ノドン」とみられ、約1000キロ飛んだ後、日本の沿岸から約250キロの洋上に落下した。共同通信はノドンが日本のEEZ内に着水したと報道。安倍晋三首相は都内で記者団に対し、「わが国の安全保障に対する重大な脅威であり、許し難い暴挙だ」と述べ、「北朝鮮に断固抗議した」ことを明らかにした。

菅義偉官房長官は日本が韓国や米国と協調し、国連安保理に適切な対応を求める考えを示した。

米戦略軍は北朝鮮によるミサイル2発の発射を探知し、そのうち一発は発射後間もなく爆発した可能性があることを明らかにした。

原題:North Korea Missile Falls Into Japan’s Exclusive Economic Zone(抜粋)

Hooyeon Kim

最終更新:8月3日(水)14時39分

Bloomberg