ここから本文です

日本初ユニコーン「メルカリ」が追加資金調達検討、米でも普及進む

Bloomberg 8月3日(水)14時54分配信

スマートフォンを通じ消費者同士が物品を売買するアプリ「メルカリ」が追加の資金調達を検討している。ダウンロード数で一時、全米3位に浮上した勢いを受け、欧州での展開も視野に入れる。

創業者で社長の山田進太郎氏が2日のブルームバーグのインタビューで話した。山田氏は、売買アプリは勝者総取りのビジネスモデルだとして、早めに「市場を取ることがもっとも重要」と説明。広告費用などのため、追加の資金調達の検討を始めたと述べた。上場については「あらゆるオプションは持っておきたい」と述べるにとどめた。米国に続き、早ければ年末に英国でサービスを開始することを目指しており、欧州各国での展開も検討している。

メルカリは、消費者が雑貨や服、本などさまざまなものを簡単にスマホで売買できるアプリ。ダウンロード数は、日本で3000万、米国で1200万を超えた。日本での月間流通額は100億円以上となっている。3月に資金調達し、日本で初めての、10億ドル(約1100億円)超の企業価値を持つ非公開ベンチャー企業を指す「ユニコーン」(まれな存在として「一角獣」に例えられる)となった。

調査会社アップアニーによると、メルカリは米国のiOS向け無料アプリのダウンロードランキングで7月27日に4位に急浮上、28日には3位となった。8月2日現在は4位。

「燃えやすい木が広がっていた中に、ちょっと火が付いたら燃え広がっているという感じではないか」と山田氏は話した。メルカリが「何かを仕掛けたわけではない」と言うが、少しずつサービスを世界的な仕様にしてきた成果が出てきたという。7月下旬に人気が高まる前には1日あたりのダウンロード数が約3万だったが、その後約30万まで増えた。

Pavel Alpeyev, Takashi Amano

最終更新:8月3日(水)14時54分

Bloomberg