ここから本文です

学生がデザイン!「孫育て」する高齢者に配慮した〈ほほほ ほにゅうびん〉/東京

Webマガジン コロカル 8月3日(水)17時49分配信

コロカルニュースvol.1799

近年、共働き家庭の増加と保育施設の不足を背景に、高齢者による“孫育て”の機会が増えています。

【写真ギャラリーで見る】学生がデザイン!「孫育て」する高齢者に配慮した〈ほほほ ほにゅうびん〉/東京

これを背景に開発、商品化されたのが、新しい形の哺乳瓶〈ほほほ ほにゅうびん〉。目盛りが見やすく、指にフィットするので高齢者にも持ちやすい哺乳瓶です。

このプロダクトのデザインは、東京都港区・芝浦工業大学のデザイン工学部デザイン工学科の女子学生と橋田規子教授。埼玉県さいたま市で、孫育てグッズを製造する〈BABAラボ〉からの申し出により実現した、産学連携プロジェクトなんです。

〈ほほほ ほにゅうびん〉で重要だったのは、哺乳瓶の落下事故や計量ミスを防ぐ工夫を施したデザイン。これまでの育児用品では、体力の衰えた高齢者に配慮されたものが少なく、特に哺乳瓶は使用者の火傷や落下による破損事故等も発生するほどでした。そこでBABAラボは、高齢者が使いやすく安全な哺乳瓶のデザイン開発を橋田教授に依頼したというわけです。

商品の開発にあたっては、55歳から67歳のシニア女性が新生児人形を用いて5種類の既存品を使用し、アンケートを実施。その結果、目盛りの見やすさが哺乳瓶の評価に最も影響すること、手のひらではなく指先で支えるように持つ、ということが明らかになりました。

そこで、視認性の高い目盛りと、指先に触れる面が多く、凹凸が滑り止めになり掴みやすい花型のデザインを採用。2012年からデザインを開始し、今年ついに発売されることになりました。

〈ほほほ ほにゅうびん〉は、2016年8月8日(月)に〈BABAラボ〉Webサイトにて販売を開始。そのほか、名古屋の名鉄百貨店や仙台三越等、全国の百貨店でも展開される予定です。

information
ほほほ ほにゅうびん
価格:1,900円(税抜)
容量:220ml(最大目盛り)
発売日:2016年8月8日(月)
購入:〈BABAラボ〉Webサイト 名古屋の名鉄百貨店や仙台三越等、全国の百貨店でも展開予定


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:8月3日(水)17時49分

Webマガジン コロカル