ここから本文です

葭葉ルミ、ナイキのクラブ事業撤退知らずも…「このまま使いたい」

ゴルフ情報ALBA.Net 8月4日(木)17時49分配信

<meijiカップ 事前情報◇4日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,520ヤード ・パー72)>

【関連】すべてナイキゴルフ使用、葭葉ルミのセッティング

 この日発表された世界的スポーツメーカー・ナイキのクラブ、ボール、およびバックを含むエクイップメントビジネスから撤退は日本でも大きなニュースとなっている。今季は男女日本ツアーで同社の契約プロが初優勝を挙げるなど順調だっただけに、その衝撃は大きかった。

 7月の「ニッポンハムレディス」でツアー初優勝を挙げた葭葉ルミ。その知らせを聞いたのはなんとこの日で事前には知らなかったそう。ツアー現場でプロのクラブ調整を担うツアーレップも事前には知らされておらず、会社からメールが来たのみだったという。13時10分に同社から出されたリリースの内容以上のことは知らず、この先どうなるかもまだ未定だ。

 海外ではメジャー2勝のシャール・シュワーツェル(南アフリカ)がシーズン中にクラブを変更。シュワーツェルは今回のことを事前に知っていたのだろう。日本では現場レベルになぜ情報が共有されなかったのか疑問は残るが、葭葉は「今までと何も変わらないと思う」と言い切った。

 「クラブは合っているのでこのまま使いたい」と他社に乗り換える予定はなし。そして、「私たちがもっと頑張ればいいと思う」と再びナイキにクラブを作ってもらえるようにさらに成績を残すだけだと力強く話した。

 葭葉が日本で何勝を挙げてもナイキの方針を覆すことは難しいだろう。来季はクラブ調整のスタッフがツアーに来るかも分からない…。だが先行き不安な状況の中でもクラブに対する愛着をハッキリと話し“ナイキ愛”を貫くを姿勢を見せた。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月4日(木)17時49分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]