ここから本文です

マカヒキ、出国2週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

netkeiba.com 8月4日(木)12時33分配信

 ニエル賞(9月11日・シャンティイ芝2400m)をステップにして、凱旋門賞(10月2日・シャンティイ芝2400m)を目指すマカヒキ(栗東・友道康夫厩舎)。8月19日に出国する予定だが、今朝4日はその2週前追い切りをCWで行っている。

 馬の少ない時間帯に馬場入りして、キャンターに移るまでは少し落ち着きのない仕草。しかし、いざ走り出すと、とにかくリズムがよくて、その走りはいつまで見ていても飽きないくらい。時計も6F83.0~5F68.2~4F54.0~3F40.1~1F11.7秒と申し分ない。

 追い切りを見守った友道康夫調教師も「まだレースまで時間はありますが、つくべきところに筋肉がついてきましたし、ここまで順調にきています」と納得の表情。来週は11日にレースで騎乗予定のC.ルメール騎手が跨って追い切りを行い、13日に検疫厩舎へ移動するというスケジュールになっている。

(取材・写真:井内利彰)

最終更新:8月4日(木)12時33分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ