ここから本文です

EXILE・MATSU「殻を破る挑戦」を期待

チケットぴあ 8月4日(木)10時13分配信

EXILEのMATSUが演出を手掛ける舞台『かげろう』が、8月10日(水)から恵比寿・エコー劇場で上演される。かつての親友3人が抱える「秘密」と「優しい嘘」が、運命を予想していなかった方向へと導いていく本作。初稽古後に、MATSUと出演する佐藤永典、森岡朋奈、宮田悟志に舞台への想いを聞いた。

画像、8点

「ストレートプレイの舞台を演出したいと思っていた」と語るMATSUは、本作が演出2作品目。病気との対峙をテーマに選んだという。MATSUの想いを聞いて出演者たちの表情は引き締まる。初恋の女性への余命宣告に戸惑う医師を演じる佐藤が「僕の役はクールに見えて、実は人と接するのが苦手な人物」と話すと、「内気で優柔不断なんだろうね」とMATSU。「だけど、だんだん強くなっていくんだよね」と役づくりのアドバイスを与えた。

森岡が演じるのは、病気を抱えながらも明るさを失わない女性。「自分と真逆で魅力的。私は、普段は暗いので……」と森岡が話すと、全員が驚いた表情に。MATSUはオーディションで「ひまわりみたい」な印象を受けて森岡を選んだという。「一番元気な子が弱くなっていく。そこに感情移入ができると思います。森岡さんには快活なヒロインを演じてほしいですね」

演技は初挑戦となる宮田は、劇中での歌唱に触れつつ「歌う場面をどう表現するかが、僕に課せられた使命だと思っています」とコメント。MATSUが「舞台を通じて、自分の殻を破ることにチャレンジしてほしい」と伝えると、宮田は「自分の変化が楽しみです」と笑顔を見せた。

本作は、過去の自分と向き合う物語でもある。出演者に「もう一度向き合いたい出来事」を聞いてみると、佐藤は「嘘を重ねても、僕はいつも3つめくらいでバレるんです。だから、初めから嘘をつくなと言いたいですね」と苦笑い。宮田は、「思った方向に突き進める人は、何かをつかみ取れる。決めたらその瞬間に動けと伝えたいです」と、過去の自分へのメッセージを語った。

タイトルである「かげろう」は、成虫になってから2~3日しか生きることができない昆虫だ。しかし、「その数日を全力で生きることに意味がある」とMATSUは話す。「どんなに辛い状況もプラスに変えて、全力で生きる姿を、この舞台で描けたらと思います」

舞台『かげろう』は、8月10日(水)から16日(火)まで恵比寿・エコー劇場にて上演。チケットは発売中。

取材・文:東谷好依

最終更新:8月4日(木)10時13分

チケットぴあ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。