ここから本文です

あの名作がついに映画化。製作者が語る『ハイ・ライズ』

ぴあ映画生活 8月4日(木)10時27分配信

『クラッシュ』『コンクリート・アイランド』のJ・G・バラードの小説を映画化した『ハイ・ライズ』が今週末から公開になる。本作のプロデューサーを務めたのは英国人ジェレミー・トーマスで、1975年に原作小説が出たときから映画化を模索し続けてきたという。

その他の画像

ジェレミー・トーマスは、ケン・ローチ監督のスタッフとして映画界に入り、『戦場のメリー・クリスマス』『ラスト・エンペラー』『裸のランチ』など数多くの名作を手がけてきた映画製作者で、バラードの小説『ハイ・ライズ』が出版された段階から映画化を希望していたという。「本が出た当時は、別の人間が映画化権を持っていました。しかし、長い時間をかけて、10年ほど前に映画化権を得ることができました」

本作の舞台は、美しい外観の高層マンション(ハイ・ライズ)で、理想のライフスタイルを求める人々が集い、毎晩のようにパーティを開いては新生活を楽しんでいたが、ささいな事件をきっかけに住人の問題が顕在化し、マンションは内部から崩壊していく。現在社会の実像を鋭くえぐる題材で、トーマスは「『クラッシュ』同様、この小説は映画化するのは難しい題材で、脚色には長い時間をかけましたが、なかなかうまくはいきませんでした」と振り返る。

プロジェクトに転機が訪れたのは「エージェントをしている息子から電話がかかってきた時でした」とトーマスは語る。「息子がベン・ウィートリーという監督がこの企画をやりたいという内容でした。私はすでにベンの映画を観ていましたから、ベンとバラードの世界は完璧な組み合わせだと思ったのです。私は生前のバラードさんと交流がありました。彼は『クラッシュ』の完成前に亡くなってしまいましたが、映画化に対して熱心に取り組んでくれましたし、完成前ですが映画を気に入ってくれていました。もし、彼が生きていたら『ハイ・ライズ』の映画もきっと気に入ってくれたと確信しています」

これまでに数々の名作を手がけてきたトーマスは「いつも“真にオリジナルな映画”を作りたい」という。「J・G・バラードはいつも、私たちのために、私たちが考えられないようなことを考えてくれていました。いつだって芸術は人生を模倣しますから、映画製作時にはそんなことを考えてもいなかったのですが、結果的にこの映画は英国がEUを脱退することのメタファーになりました。この映画はエンターテイメントではありますが、緊張感にあふれた映画です。最近の大作映画はパジャマのままで観に行けるような映画ばかりですが、この映画は靴を履いて、緊張感をもって楽しんでほしいです」

『ハイ・ライズ』
8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

最終更新:8月4日(木)10時27分

ぴあ映画生活