ここから本文です

ANAの16年4-6月期、純利益20.7%減 欧州テロ影響、訪日が補う

Aviation Wire 8月4日(木)11時30分配信

 全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が8月3日に発表した2016年4-6月期(第1四半期)連結決算は、純利益が前年同期比20.7%減の66億4600万円だった。通期見通しは従来予想を据え置いた。

 4-6月期の売上高は2.3%減の4044億2500万円、営業利益は15.6%減の141億3200万円、経常利益は33.2%減の106億5600万円で減収減益となった。

 営業費用は1.7%減の3971億円。燃油費・燃料税は円高と市況下落により16.4%減の668億円に抑えられた。人件費は7.9%増の451億円で、好調だった前期業績に伴い、業績連動型報酬の引き当て増で上昇した。営業利益率は3.5%(0.6ポイント低下)となった。

 国際線の旅客収入は3.3%増の1233億円。旅客数は11.6%増の213万1000人、ロードファクター(座席利用率、L/F)は前年並みの73.0%、旅客単価は燃油サーチャージの引き下げに伴い、7.4%減の5万7868円となった。

 欧州でのテロ発生で日本から欧州へ向かう旅行需要は不振が続いたが、欧米やアジア路線のビジネス渡航需要や、訪日客は堅調に推移した。

 ANAHDの平子裕志・取締役執行役員(財務企画・IR部・施設企画部担当)は、「中国路線は需要が旺盛だが、イールドや単価は下がっている。第1四半期は需給が悪化しているが、第2四半期は良化してくる」と見通しを語った。

 一方、国内線の旅客収入は1.2%減の1505億円と微減。旅客数は1.2%減の978万9000人、L/Fは0.1ポイント低下の61.1%、旅客単価は前年並みの1万5378円となった。

 熊本地震の影響については、「航空収入で10億円、トータルでは15億円の減収となった」(平子氏)と説明した。

 また、5月28日に大韓航空(KAL/KE)のボーイング777-300型機(登録番号HL7534)のエンジンから出火し、滑走路が約6時間閉鎖となった影響については「1日に5億円の減収」(平子氏)と語った。

 据え置きとなった2017年3月期通期の連結業績見通しは、売上高が1.1%増の1兆8100億円で、営業利益は6.3%増の1450億円、経常利益は0.6%減の1300億円、純利益は2.3%増の800億円。営業益と最終益で増益を見込む。

 為替レートは1ドル115円、燃油はシンガポールケロシンが1バレル55米ドル、ドバイ原油が1バレル42米ドルを想定している。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8月4日(木)11時30分

Aviation Wire