ここから本文です

マクラーレン、メルセデスAMG相手に訴訟手続きとの報道

TopNews 8月4日(木)12時6分配信

メルセデスAMGとマクラーレンがあるエンジニアを巡って法廷闘争に入ることになるかもしれない。

■マクラーレンが引き抜こうとしたエンジニアをメルセデスAMGが慰留に成功

『El Mundo Deportivo(ムンド・デポルティーボ)』などを含むスペインのメディアが報じたところによれば、マクラーレンは最近、メルセデスAMGのビークルダイナミクス責任者を務めているロワク・セラに移籍を持ちかけ、契約を結んでいたという。

ところが、メルセデスAMG側がセラの説得に成功、セラは一転メルセデスAMG残留を決めたのだという。そしてマクラーレンはこれを契約違反だととらえ、メルセデスAMGに対して抗議を行ったようだ。

■マクラーレン側は法的手続きの開始を示唆

メルセデスAMGを率いるトト・ヴォルフ(ビジネス担当エグゼクティブディレクター)は、セラはメルセデスAMGに所属していると語ったのみで、それ以上のことを語ろうとしなかったという。

だが、『Marca(マルカ)』は、マクラーレンはメルセデスAMGに対して法的手続きを取るつもりだと報じ、マクラーレンの代理人による次のようなコメントを掲載している。

「この問題は法的手続きの対象となるものだ。その手続きが完了するまではコメントするつもりはない」

■2年前にも同様の事例があったマクラーレン

ちなみに、マクラーレンでは2014年にも同様の状況を経験したことがある。当時レッドブルの空力エンジニアであるダン・ファローズの引き抜きを行おうとしたマクラーレンだが、やはり同様にファローズが翻意してレッドブル残留を希望。これに対して法的手続きも辞さないとしていたマクラーレンだったが、最終的にはロン・デニス(マクラーレン総帥)とクリスチャン・ホーナー(レッドブル/チーム代表)が直接話し合いを行い、この問題に終止符を打っていた。

最終更新:8月4日(木)12時6分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]