ここから本文です

<速報>イチローが代打で遊直 6試合10打席安打なく3000本へ足踏み

THE PAGE 8/4(木) 5:24配信

 マーリンズのイチロー外野手(42)が3日(日本時間4日)、敵地のシカゴ、リグレーフィールドで行われたカブス戦の7回に代打出場したが、遊直に終わり、通算3000安打へ残り2本のまま足踏みとなった。

 イチローは5試合続けてスタメンを外れたが、マシスの2号2ランで3-1と逆転した7回一死一塁でピッチャー、コーラーの打席で代打出場。イチローの名前がコールされると、敵地のファンはスタンディングオベーションで迎えた。マウンドには1失点の好投を続けていたシカゴの先発、ラッキー。イチローが過去に日米あわせて最多の37本のヒットを放っている世界で一番相性のいいピッチャーだ。

 イチローは積極的に打って出たが、ショートの左へのハーフライナー。内野安打になりそうな打球だったが、シカゴのショートのバエスに飛びついてダイレクトキャッチされ、惜しくもヒットとならなかった。
 
 これで6試合、10打席ヒットがなく、通算安打は2998本のまま足踏み。マーリンズは4日(日本時間5日)には試合がなく移動日で、5日(日本時間6日)から敵地コロラド・デンバーでのロッキーズとの3連戦に臨む。かつて野茂英雄がドジャース時代に日本人初のノーヒットノーランを達成した日本人メジャーリーガーには縁が深い場所で、イチローは残り2本に迫った偉業達成へ挑むことになった。
   

最終更新:8/4(木) 9:07

THE PAGE