ここから本文です

連覇狙う西山ゆかり、今年も師匠から「しっかり学ばせていただく」

ゴルフ情報ALBA.Net 8月4日(木)18時16分配信

<meijiカップ 事前情報◇4日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,520ヤード ・パー72)>

国内女子ツアーをフォトでチェック!

 国内女子ツアー「meijiカップ」が北海道の札幌国際カントリークラブ 島松コースを舞台に明日5日(金)から3日間の日程で開催される。昨年、師匠の芹澤信雄とタッグを組んで悲願のツアー初優勝を挙げた西山ゆかり。連覇を目指し、今年も同じコンビで戦う。

 先週は海外メジャー「全英リコー女子オープン」に出場。一流のフィールドで「すごく楽しかった」と共に、「自分のプレーの至らなさが出て悔しい気持ちでした。そこを克服できるよう頑張ろうと思って帰ってきました」と大きな刺激を受けた。

 悔しさが残ったのはパッティング。「自分はヒットして入れるタイプ。それなのに、ヒットすることを忘れていました」、しっかり打つことができずにグリーン上で苦しんだ。「それができていればもう少し違った結果だったかも」、この試合では同じ轍は踏まないようにする。

 師匠とは今年2度目のコンビ。「前回のニホンハムレディスは初日から緊張しすぎてしまって。“初日から優勝争いしてるみたいだな”“少し時差ボケがあるぐらいがちょうどいいんじゃないか”と言っていただきました。その言葉の裏には“自分自身のプレーだけを考えろ”という言葉が隠されていると思います」。初日は緊張せず、目の前のプレーにのみ集中する。

 「優勝した時と同様に今回も芹澤プロからしっかり学ばせていただきたい気持ちは変わりません。3日間その気持ちをもってプレーしたい」。この日のプロアマ戦でも芹澤とのラウンドを心から楽しんでいる様子だった。今年も隣には頼れる師匠、連覇を目指す上でこれ以上の助っ人はいないだろう。

(撮影:ALBA)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月4日(木)18時16分

ゴルフ情報ALBA.Net