ここから本文です

【シンガポール】日通、重機建設専業会社の設立式典

NNA 8月4日(木)8時30分配信

 日通はこのほど、シンガポール中心部のホテルで、海外の重量品輸送や各種プラント事業を統括する新会社の設立式典を開催した。顧客や取引先などの招待客44人が参列した。
 新会社「NEX グローバルエンジニアリング」は、シンガポールにある地域統括会社の南アジア・オセアニア日本通運を通じて設立。7月1日に営業を開始した。
 式典であいさつに立った日通の渡邉健二社長は「東南アジア諸国連合(ASEAN)地域では、各国で工業化や都市化に向けた積極的なインフラ投資が予定されている」と指摘した上で、「(新会社は)まずは南アジア・オセアニア地域を中心に活動していくが、将来的には世界を対象にサービスを提供していきたい」と抱負を述べた。
 日通はNEX グローバルエンジニアリングを海外における重機建設の統括会社と位置付ける。東南アジアでは従来、シンガポール日通の重機建設支店や、重機関連事業を専門に手掛けるタイ、ベトナムの現地法人が個別に関連案件に対応していた。

最終更新:8月4日(木)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。