ここから本文です

新幹線駅で「おもてなし」アナウンス---多言語対応

レスポンス 8月4日(木)8時45分配信

JR東海とヤマハは、東海道新幹線の駅構内で、ヤマハが開発したアプリケーション「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証試験を8月26日から実施する。

[実証試験概要]

実証試験は、「おもてなしガイド」の翻訳機能を駅の放送装置と組み合わせ、駅における日本語アナウンス放送を、乗客が持つスマートフォンなどに日本語や任意の外国語に翻訳表示するもの。対象の言語は、日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語。訪日外国人や音を聞きづらい人に情報提供充実を目指す。

実証試験によって、鉄道特有の環境下で音声認識の正確性やシステムの安定性など、技術的な課題を確認する。

試験期間中、アプリを使用した人にアンケート調査して利用者ニーズの把握を目指す。

試験期間は2018年3月末まで。京都駅、東京駅、浜松駅のコンコースとホームで実施する。使用料金は無料。

「おもてなしガイド」は、多数の出願中特許を採用した「音のユニバーサルデザイン化」を支援するシステム。システムを導入してアナウンスを流すことで、インターネット環境がない人のスマートフォンにもその内容を多言語化された文字情報として提供できる。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月4日(木)8時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]