ここから本文です

【レベルス】世界トーナメント出場の大和哲也「世界へアピールしたい」

イーファイト 8月4日(木)15時35分配信

 8月7日(日)東京・大田区総合体育館で開催される『REBELS.45』は、中国の人気格闘技イベント『Kunlun Fight(クンルンファイト)』との合同興行で行われる。

【フォト】RIZINでKO勝ちした大和

 そのKunlun Fightの部にて行われる65kg世界トーナメントに、かつてK-1の65kg日本トーナメントを全試合KOで制した大和哲也(大和ジム)が出場。1回戦でブアカーオの弟子ペッタノン・バンチャメーク(タイ)と対戦する。

「急に決まった話ですけれど、いま中国では格闘技が盛り上がっているじゃないですか。Kunlun Fightは日本でも知名度を高めたいと思っているので、いいチャンスかなと思いますね。65kg級も盛り上がっている。今回のトーナメントには(7月31日に中国で行われるもう一方のブロックに)マサロ・グランダーやアブデラ・エズビリも出る。顔も分からない選手もいるけれど、その中で自分をビシッとアピールしたい。モチベーションは高いので、優勝を狙っています」と、意気込む大和。

 近年はWBCムエタイ世界タイトル獲得へ向けてヒジ打ちありのムエタイルールに専念してきたが、今回はヒジ打ちなしのルールとなった。

「僕は基本ヒジありで試合をしたい。RIZINでの山口裕人戦もヒジなしだったんですよ。だから最近はヒジなしの練習ばかりなので、ヒジを打ちたくてウズウズしています。ただ、その前にファイターとしてしっかり評価される大会に出たい。それに平行しながらムエタイルールもやっていければいいのかな」と、知名度を上げることも大事だと言う。

「アメリカには2009年以降6回も行っています。(現地で65kg級No.1の)ケビン・ロスも(2回)倒していますからね。日本よりアメリカの方が知名度はあるんじゃないですか(微笑)。いまMMAのベラトールもキックの試合をやっているじゃないですか。タイミングがあったら出たいと思いますね。そういう意味で今回Kunlun Fightのトーナメントでの優勝は、世界に向けて自分をアピールするために必要不可欠だと思います」

 対戦相手のペッタノンについては、「試合映像を見ました。サウスポーで結構なファイターだなと思いました。ヒジなしでタイ人と戦うのは今回が初めて。いつもヒジがあるから、ガンガン前には行けませんでしたが、今回はヒジがないのでどうなるのかちょっと楽しみですね」と評し、「今回しっかり勝って9月に中国で行われる決勝トーナメントに備えたい。8月、9月と連チャンになるので、今回いかに無傷で勝つかが勝負のカギを握っていると思います」と優勝まで見据えている。

 今回の試合に関して、「分かりにくいかもしれないけれど、間合いの駆け引きを制したうえでの一撃」を見てもらいたい、と大和はファンにメッセージを送った。

最終更新:8月5日(金)12時36分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]