ここから本文です

故宮南院、来館者100万人を達成 開館から7カ月/台湾

中央社フォーカス台湾 8月4日(木)13時13分配信

(嘉義 4日 中央社)南部・嘉義県に昨年末オープンした国立故宮博物院南部院区(故宮南院)の来館者が3日、100万人を突破した。100万人目となったのは、マレーシア人の男性。男性には記念品として、生涯無料で同院の展覧会を参観できるカードやギフトセットなどが林正儀故宮院長から贈られた。

故宮南院は昨年12月28日に開館。林院長は7カ月余りの短期間で100万人を達成できたことを受け、感謝を示した。

100万人目となった男性は、台南市の男性に嫁いだ娘の結婚式に出席するため、一家で訪台したと話し、幸運な出来事に喜びと驚きを露わにしていた。

(黄国芳/編集:名切千絵)

最終更新:8月4日(木)13時13分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。