ここから本文です

平泳ぎ小関也朱篤 秘策は“目隠し”?

デイリースポーツ 8月4日(木)5時59分配信

 リオ五輪の競泳日本代表が2日、試合会場で練習を行った。男子平泳ぎの小関也朱篤(24)=ミキハウス=は「自分の泳ぎだけに集中できれば結果は自ずと出るんじゃないか」と意気込んだ。

 ハイレベルな200メートル平泳ぎのレース展開のイメージを膨らませ「ラスト150からが勝負で、リードして逃げ切るか、最後に競り勝つかだと思う」。焦りが最大の敵と自覚するだけに「最後は(相手を気にしないように)目を閉じて泳ごうかな」と“秘策”も示唆した。

最終更新:8月4日(木)7時54分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。