ここから本文です

ホンダのインド販売、9か月連続で減少…24%減 7月

レスポンス 8月4日(木)9時59分配信

ホンダのインド現地法人、ホンダカーズインディアリミテッドは8月1日、7月のインド新車販売の結果を明らかにした。

[写真:ホンダ・シティ]

同社の発表によると、7月の総販売台数は、1万4033台(輸出を除く)。前年同月比は24.6%減と、9か月連続で前年実績を下回った。

1万4033台の内訳では、小型セダンの『シティ』が4317台で、10か月連続の最量販車に。『フィット』が3517台、コンパクトカーの『アメイズ』が2309台で、これに続いた。以下、『ブリオ』が349台、『モビリオ』が137台、『CR-V』が71台。

また、2016年4月にインド市場に投入されたばかりの新型SUV、『BR-V』は3333台を販売。また、7月のインドからの輸出実績は、212台だった。前年同月比は39.5%減と、マイナスに転じる。

ホンダの2015年度(2015年4月から2016年3月)のインド新車販売は、前年比2%増の19万2059台。3年連続で販売記録を更新している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月4日(木)9時59分

レスポンス