ここから本文です

ラネクシー、画像処理ソフトウェア用開発キットの最新版

BCN 8月4日(木)17時0分配信

 ラネクシー(竹田昌生社長)は8月3日、米アキュソフトが開発した画像処理ソフトウェア開発キットの最新版として「ImageGear for .NET V22 英語版」と「DICOMGEAR for .NET V22 英語版」を発売した。

 ImageGearファミリーは、文書管理や地図システム、電子カルテシステムを中心に高い信頼性が評価され、全世界で5000万本以上の応用実績をもつ画像処理用の開発キット。TIFF、JPEG、PDF、CADなど100種類以上のイメージファイルの表示と編集を行うことができ、.NET開発者向けにOCRをはじめ、バーコード認識、医用のDICOMイメージをサポートしている。

 「ImageGear for .NET」は、画像処理、スキャニング、ファイル圧縮、バーコード読み込み、OCR、アノテーション、印刷など高度な機能をアプリケーションに加えるために必要なツールを開発者に提供する。今回の新バージョンでは、ユーザビリティの向上を実現するため、NuGetパッケージの提供やインストーラーの改良などを実施した。また、前バージョンからの継続的な機能強化として、HTML5への対応をはじめ、SVGベースのレンダリングに対応。Microsoft Officeファイルを含め100以上のフォーマットをブラウザ上で表示することが可能となった。さらに、JavaScript APIを用意、RESTfulなサービスとして簡単にウェブアプリケーションとして統合できる。

 税別価格は、ImageGear for .NET v22 英語版が46万8000円、DICOMGEAR for .NET v22 英語版が62万4000円。

最終更新:8月4日(木)17時0分

BCN