ここから本文です

THAAD配置への反発で”韓流規制”に乗り出した中国、韓国政府「注視している」

WoW!Korea 8月4日(木)9時38分配信

朝鮮半島へのTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)配置に対する報復措置の一環として、中国が韓流コンテンツを規制しようとする動きを見せる中、韓国外交部は4日、「関連動向を注視している」と立場を明かした。

 現在のところ、中国は公式立場を表明していないだけに、韓国側の対応も慎重にならざるを得ないことを意味している。

 先ごろ、中国メディアは「中国国家新聞出版広電総局が、”国際的な要因”を理由に今後、一定期間は韓国芸能人の中国内活動を規制する予定」と報道。”国際的な要因”とは、朝鮮半島へのTHAAD配置と関連するとの解析が浮上している状況だ。

 これについて韓国外交部当局者は「まだ、中国政府の公式的な立場が発表されていない」としながら、「ただし、現地公館を通して関連動向を綿密に注視している」と明らかにした。

最終更新:8月4日(木)9時38分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。