ここから本文です

リオ五輪不参加の久保、2得点の大活躍 ファルカオ2戦連発のモナコもPOへ/CL予選

ISM 8月4日(木)9時22分配信

 チャンピオンズリーグ(以下CL)は現地時間2日(以下現地時間)と3日に予選3回戦セカンドレグの試合が行なわれた。久保裕也所属のヤングボーイズ(スイス)は、シャフタール・ドネツク(ウクライナ)を退けプレーオフ進出が決定。クラブ事情によりリオ五輪不参加となった久保が、フル出場で2ゴールを挙げる活躍を見せた。

 ヤングボーイズはホームでシャフタールに2対0と勝利。初戦を0対2で落としていたヤングボーイズだが、54分に久保がエリア内で折り返しに合わせて先制すると、その6分後に味方がポストプレーで落としたボールに久保が右足を一閃。これがネットを揺らし、トータルスコアで2対2に追いつく。試合はそのままのスコアで終了し、延長戦でも決着がつかず。迎えたPK戦を4対2で制したヤングボーイズが、プレーオフへの切符を勝ち取った。

 南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)は、ホームでパルチザニ(アルバニア)に2対0と白星。2試合合計スコア3対0と危なげなく突破を決めている。なお、南野はリオ五輪代表帯同のため欠場している。

 瀬戸貴幸所属のアストラ(ルーマニア)は敵地でコペンハーゲン(デンマーク)に0対3の完敗。2試合合計スコア1対4で3回戦敗退となった。瀬戸は76分から途中出場した。

 モナコ(フランス)はファルカオがPKで予選2試合連続となるゴールを決めるなどし、フェネルバフチェ(トルコ)に3対1で白星。2試合合計4対3で勝ち抜き。そのほか、アヤックス(オランダ)、セルティック(スコットランド)などがプレーオフへと駒を進めている。

最終更新:8月4日(木)9時22分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]