ここから本文です

ノスタルジックなかわいさの「とび箱型小物入れ」 倉敷の帆布屋さんから登場!

ねとらぼ 8月4日(木)7時10分配信

 帆布製品を製造販売する倉敷帆布バイストンから、8月2日の帆布の日を記念して3種類の「とび箱型収納BOX」が登場しました。

【20色の積み上げタイプ3段】

 「なぜ帆布屋さんがとび箱を?」と思ったら、とび箱上部の手をつく部分、天布(てんぷ)には、もともと帆布が使われているそう。

 1段目が大きく外れる「とび箱BOX(おもちゃ箱)」のサイズはW335×D390×H440ミリ。衣類やおもちゃ、雑誌などを収納するのにちょうどいい大きさで、価格は1万9600円です。こちらのBOXはイスとして座ることは可能ですが、とび箱として使うことはできないので注意してください。

 一段一段引き出して使える「とび箱小物入れ(引き出しタイプ5段)」のサイズはW140×D160×H235ミリ。家族それぞれの場所を決めて小物などを収納してもよさそう。価格は7500円です。

 「とび箱小物入れ(積み上げタイプ3段)」のサイズはW120×D160×H150ミリ。天布は全部で20色が用意されており、部屋に合わせて選んだり、いくつか並べて楽しむこともできます。価格は5400円です。

 これらの収納BOXの販売期間は8月31日まで。倉敷帆布オンラインストア、倉敷帆布本店、倉敷帆布美観地区店から購入できます。

※価格は全て税込

最終更新:8月4日(木)7時10分

ねとらぼ