ここから本文です

<三代目JSB・登坂広臣>決めぜりふが「志村けんさんっぽい」 「もう大丈夫」舞台裏明かす

まんたんウェブ 8月4日(木)17時17分配信

 ダンス・ボーカルグループ「三代目 J Soul Brothers EXILE TRIBE」の登坂広臣さんが4日、東京都内で行われた映画「HiGH&LOW THE MOVIE」(久保茂昭監督)の大ヒット舞台あいさつに登場。登坂さんは、作中に登場する「もう大丈夫」というせりふについて「あれ本当は『もう大丈夫だ』だったんだよ」と変更があったことを明かし、「でも志村けんさんっぽいねと……。(だから)『だ』を取っていいですかと言って、あのせりふに変えた」と苦笑しながら告白。「細かいエピソードがあるんです」と語った。

【動画】AKIRA、TAKAHIRO&登坂の“名せりふ”に嫉妬?

 舞台あいさつには登坂さん、AKIRAさん、TAKAHIROさん、岩田剛典さん、鈴木伸之さん、青柳翔さんが出席。舞台あいさつでは、くじで選ばれた観客からの質問にメンバーが回答するなどの企画も行われた。

 「HiGH&LOW」はドラマや映画、マンガ、ライブなどが連動したプロジェクト。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」の五つのチームが拮抗(きっこう)するSWORD地区を舞台に、男たちのプライドを懸けた壮絶な戦いや仲間との友情、絆などを描いている。

 映画は、SWORD地区にチーム「ムゲン」の総長・琥珀(AKIRAさん)が戻ってくる。SWORD地区の支配をもくろむ李(BIGBANGのV.Iさん)と手を組んだ琥珀に対抗すべく立ち上がる山王連合会のコブラ(岩田さん)とヤマト(鈴木さん)。SWORDの各チームもそれに呼応し、琥珀と並び最強と称された雅貴(TAKAHIROさん)や広斗(登坂さん)ら雨宮兄弟も参戦し、SWORD地区は未曾有の事態へと突入する……というストーリー。7月16日から公開中。

最終更新:8月4日(木)21時30分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。