ここから本文です

超特急、2016年東西アリーナ公演のタイトル発表。テーマは“氷の世界”

M-ON!Press(エムオンプレス) 8月4日(木)16時19分配信

超特急が、2016年を締めくくる東西アリーナ公演タイトルを発表した。

タイトルは『BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land』。テーマは“氷の世界”。“ICE”と“愛”がかけられた2大テーマでアリーナ会場を超特急ワールドに染め上げる。

5人のメインダンサーが2人のバックボーカルの歌声を背に踊るという、通常のダンス&ボーカルグループとは真逆のスタイルで2011年末に結成された超特急。2014年末の時点で東京国際フォーラム・ホールAでのクリスマスワンマンを5分で完売させるほどの人気を得ていたが、その1年後となる2015年12月23・24日には代々木競技場 第一体育館で念願のアリーナ公演を敢行。2日間で25,000人のオーディエンスを熱狂、完売させたことは、各局のワイドショーや情報番組でも大きく取り上げられた。

毎回、奇想天外なパフォーマンスと演出力で注目を集める彼らのアリーナ公演に期待が高まる。

リリース情報
2016.10月リリース予定
ALBUM『タイトル未定』

イベント情報
スカパー! ×MUSIC ON! TV 超特急スペシャルイベント
09/16(金)東京・東京国際フォーラム ホールC

ライブ情報
BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land
12/17(土)神戸・ワールド記念ホール
12/24(土)東京・国立代々木競技場 第一体育館

超特急 OFFICIAL WEBSITE
http://bullettrain.jp

最終更新:8月4日(木)16時19分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。