ここから本文です

手倉森監督支える秋葉コーチ20年前の“因縁の相手”に「魂の込もった戦いを」

デイリースポーツ 8月4日(木)5時59分配信

 サッカー男子五輪代表で手倉森誠監督(48)の傍らでチームを支える秋葉忠宏コーチ(40)は、96年アトランタ五輪にDFとして出場。1次リーグ・ナイジェリア戦ではオウンゴールを献上する悔しさも味わった。因縁とも言える相手との対戦を前に、当時を振り返り、思いを語った。

  ◇  ◇

 あの夏から20年が過ぎた。1996年7月23日、1次リーグ第2戦ナイジェリア戦。0-0の後半27分、負傷したDF田中誠に代わって、背番号15を背負った秋葉氏は五輪のピッチを初めて踏んだ。

 「初戦から出たくてウズウズしていた。『やっと出番が来たか』という心境だった」

 悪夢はその9分後に待っていた。高く上げた最終ラインの裏を突かれ、飛び出したGK川口能活をかわそうと相手が蹴ったボールが全力で駆け戻った秋葉氏の胸に当たり、無人のゴールへと吸い込まれた。終了間際にもオコチャにPKを決められ0-2の敗戦。2日前にブラジルを破る“マイアミの奇跡”を演じていた日本だったが、今大会で金メダルを獲得することになるアフリカの雄に屈した。

 「単純に強かったし、すごく強烈だった。ババンギダの速さには驚いたし、カヌも背負われたら動かなかった。事前に映像を見て覚悟はしていたが、実際にやると、凄みややりづらさを感じた」

 運命は巡り、再び五輪の舞台でナイジェリアと相まみえる。今度は指導者として。前園真聖氏ら当時のアトランタ世代で最初に五輪へと戻って来た。

 「年を取ったんだな(笑)。縁を感じる。一番最初にそういう立場になれたのは誇り。リベンジという思いはない。選手たちが躍動して、魂のこもった、見ている人が納得するような戦いをしてほしい。結果は神様しか分からないので」

 胸に秘める思いは雪辱などではない。「自分の可能性を信じて、力を目いっぱい発揮してほしい」。18人の侍に、日本サッカーの未来を託す。

最終更新:8月4日(木)7時50分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]