ここから本文です

レスター、バルサに4失点黒星もムサが自陣から独走弾など2発/ICC

ISM 8月4日(木)10時5分配信

 インターナショナル・チャンピオンズカップ(以下ICC)は現地時間3日(以下現地時間)に欧州ラウンドの試合が行なわれ、岡崎慎司所属のレスター(イングランド)が、バルセロナ(スペイン)に2対4で敗れた。岡崎は後半から途中出場した。

 0対4と大敗を喫したICCのパリSG(フランス)戦から、先発を7名入れ替え、ヴァーディが今夏のプレシーズンマッチ初出場したレスター。前半はバルサにペースを握られ、26分にムニル、34分にスアレス、45分に再びムニルにゴールを奪われ3失点で折り返す。

 それでも、後半開始早々の47分に岡崎からのパスを受けたムサが、自陣からドリブルで2人のDFをかわして独走し、右足で決めて反撃の狼煙を上げる。すると66分にもムサがエリア内でボールを受けて自身2点目を奪取。今夏クラブ史上最高額の推定1600万ポンド(約20億1000万円)で加入した新戦力の2発で、レスターが1点差に詰め寄る。しかし84分にバルサがムヒカのゴールで突き放し、そのまま勝利を収めている。

 プレミア王者のレスターはこれでプレシーズンマッチを終え、7日にFAカップ覇者のマンチェスターUと「コミュニティシールド」を戦う。一方のバルサは、6日にICCでリヴァプール(イングランド)と顔を合わせる。

最終更新:8月4日(木)14時19分

ISM