ここから本文です

【ドラマニア】夏はやっぱりラブに限る!今クールの胸キュン必須の3作品

cinemacafe.net 8月4日(木)17時0分配信

夏と言えば、恋の季節! テレビドラマのなかでも、この時期は恋愛ものへの注目度が格段にアップする印象があります。そこで今日は、毎クール全作品をチェックしているドラマニアな筆者がおすすめのラブストーリーをまとめてご紹介。2016年夏、胸キュン必須の3作品はコレだっ!

この記事のほかの写真

■この夏、あなたも恋がしたくなる
三者三様の胸キュンが詰まった「好きな人がいること」

女子高生を中心としたティーン世代から大きな注目を集めているドラマ「好きな人がいること」。「主人公のもどかしい気持ちに共感する」「夏向のツンデレがたまらん!」と、毎週Twitterのタイムラインが激しく更新される月9枠。正直なところ、最初はあのキラキラ感にどこまでついていけるか…とても心配だったのですが、物語全体がポップな会話を中心に展開していくため、とても見やすい仕上がりとなっていて一安心。同じく“夏”“イケメン”をテーマとした「ビーチボーイズ」ともまた一味違う、現実と理想の割合が程よく五分五分な(笑) 2016年らしいお話となっていますよ~。食わず嫌いならぬ、見ず嫌いはちょっぴりもったいないと言えるかも!?

なかでも特におすすめなのが、まるで恋愛シミュレーションゲームをプレイしているかのようなイケメン三兄弟と主人公の会話。山崎賢人さん演じる夏向のドSぶりにハマってしまったという方も、少なくないのでは…? 心のどこかに「好きな人色に染まりたい」M心を秘めている世の女性達にとって、彼の言動はどうにも心惹かれるものがあるはず。笑顔で話しかけても、イヤホンで完全遮断。しまいには海に突き落とされるという主人公らしからぬ仕打ち展開があるからこそ、その後の“デレ”対応にノックアウトされてしまうので要注意が必要です。加えてもし「私はそういうツンデレちょっと苦手…」という方には、兄・千秋を演じる三浦翔平さんの甘々紳士対応、そして弟・冬真を演じる野村周平さんのイケイケ慣れ男対応がおすすめ。三者三様のイケメン達に翻弄されまくる主人公・桐谷美玲さん演じる美咲の冷や汗顔にも注目してご覧くださいませ。

■見どころは、タッキーの乱れた姿!?
危険な恋から目が離せない「せいせいするほど、愛してる」

昨年よりして人気の高い不倫ドラマが、夏クールでも乱れまくっています! 武井咲さん演じる未亜が、知らず知らずのうちに危険な恋に身を染めてしまうラブストーリー「せいせいするほど、愛してる」。実際に人気の高いジュエリーブランド、ティファニージャパンが全面協力している作品とあって、ザ・大人女子を演じる武井さんのファッションやアクセサリーがとにかく可愛いのが特徴的。ストレス発散に1人カラオケで熱唱している辺りも、絶妙なリアリティを感じますよね~。またインターネット上では、イケメン副社長を演じる滝沢秀明さんのストレス発散法に世間が沸いているのをご存知でしょうか。家中の電気をつけて、ボリュームガンガンでエアギターを弾き荒れるその姿に、ダイノジ・大地さん(世界大会優勝経験あり)も大絶賛! いまのところ2話に1度くらいは登場している定番シーンなので、是非探してみてくださいね。

さてドラマは早くも後半戦に向け、折り返し地点に突入しています。タッキー演じる副社長と愛人契約を結んだ未亜は、彼の背後に潜む衝撃の真実を受け止め切ることができるのか!? 原作が、「東京ジュリエット」「罪に濡れたふたり」などの名作でお馴染みの人気漫画家・北川みゆきさんということもあり、最終回まで何度も繰り返されるであろう“裏切り”と“安堵”の連鎖を存分にお楽しみいただきたいと思います。ほっと一息つく暇のない、真夏にぴったりのジェットコースタードラマと言えるでしょう。

■気になる三角関係の行方は…?
原作と違う展開にハラハラドキドキ「時をかける少女」

そして最後がこちら。放送開始前から大きな話題を呼んでいた、リバイバル作品「時をかける少女」です。原作ファンの皆さんはきっと心のどこかで、「あのアニメを超える実写化は難しいだろう」と思っていたことでしょう。私も少なからずそう考えていたのですが…、実際放送を見てみると、ドラマオリジナルの展開が非常に魅力的に描かれていましたよ。初のドラマ化に際し、趣向を凝らした展開に惹きこまれる出来となっていますので1度試してみる価値がありそうです。

なかでも、主人公・未羽(黒島結菜)×親友・吾朗(竹内涼真)×未来人・翔平(菊池風磨)の三角関係が切なくて切なくて…胸が痛い! アニメ版にはなかった“未来人視点”というネタバレからのスタートがとても斬新で、「未来には恋心が存在しないって本当!?」「自分が幸せを感じているその裏で、傷ついている誰かがいるのかも?」と、ついつい一緒に手に汗握らされてしまいます。本作には翔平の他にも、遠い未来から2016年へ一緒に飛んできてしまった後輩・ゾーイ(吉本実憂)、翔平とはまた違う未来からやってきて未羽の世界に永住することを決めた謎の男(高橋克実)という二人の未来人が登場。彼らが一体どのような道を選び生きていくのか、その動向が主人公達の恋路にも大きく影響してくるので、着目して見てみてはいかがでしょうか。本ドラマは全5回という珍しい枠組みなので、今週放送の最終回をお見逃しなきようご注意くださいませ。

以上、いかがでしたか? いまからでもまだ間に合います。この夏はテレビドラマで、様々な愛の形をご堪能あれ~!

最終更新:8月4日(木)17時0分

cinemacafe.net