ここから本文です

「五次元世界のぼうけん」映画化、「グローリー」監督とオプラ・ウィンフリーが再タッグ

映画.com 8月4日(木)17時0分配信

 [映画.com ニュース] マデレイン・レングルのファンタジー小説「五次元世界のぼうけん(原題:Wrinkle in Time)」の映画化で、「グローリー 明日への行進」のエバ・デュバーネイ監督とオプラ・ウィンフリーが再タッグを組むことになったと、Deadlineが報じた。

 1963年に刊行された同作は、行方不明になった科学者の父を探す13才の少女を主人公にした物語で、その年のもっとも優れた児童文学に与えられるニューベリー賞などを受賞した傑作として知られる。同作の映画化を目指すディズニーは、「アナと雪の女王」の脚本と共同監督を務めたジェニファー・リーに脚本執筆を依頼。監督には、「グローリー 明日への行進」のデュバーネイ監督を起用している。

 出演者に関しては現在アメリカの人気テレビ司会者のオプラ・ウィンフリーと最終交渉を行っているそうで、出演が実現すれば「グローリー 明日への行進」に続いてデュバーネイ監督とタッグを組むことになる。急ピッチで準備を進めるディズニーは、エイミー・アダムスやケビン・ハートらとも出演交渉を行っているという。

最終更新:8月4日(木)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。