ここから本文です

【ドイツ】独車の米国販売、明暗分かれる:ポルシェは2桁減に

NNA 8月4日(木)9時0分配信

 独自動車各社の7月の米国販売実績が2日までに出そろった。フォルクスワーゲン(VW)傘下のアウディとメルセデス・ベンツは引き続き好調だったが、それ以外は軒並み前年割れとなった。VW傘下のポルシェは2桁減に沈んでいる。
 
 VWの販売台数は前年同月比8.1%減の2万8,758台。米国で主力の「ジェッタ」は1%減にとどまったが、「ビートル」は33.8%減、「ゴルフ」は20.3%減と共に2桁の落ち込みを見せた。中型セダン「パサート」は5.1%減少している。半面、スポーツ多目的車(SUV)「ティグアン」は40.4%拡大し、7月として過去最多を売り上げた。
 アウディは4%増の1万8,364台を販売し、その月の記録を67カ月連続で塗り替えた。車種別で最も売れたのはSUVの「Q5」で、1年前を2.8%上回った。「A3」はこれに続き人気が高かったものの、4.1%減少した。
 ポルシェは3,878台と18%減少。新型クロスオーバーSUV「マカン」が39.3%減らしたほか、「カイエン」も27.5%縮小。一方「911」は3.6%伸びている。
 メルセデス・ベンツは「メルセデス」の乗用車が3.6%増の2万8,523台と、7月として過去最多を販売。うち1次購入者向けの「Cクラス」は1.3%落ち込んだ。超小型車の「スマート」は11.8%伸ばした。一方、ライトバンの「スプリンター」と「メトリス」は合わせて51.3%拡大し、やはり7月の最高記録を塗り替えた。これらを合わせたグループ全体では、3万2,288台と7.2%増えている。
 BMWはグループ全体で3万551台と、5%減少。小型車の英「ミニ」は8%落ち込んだ。「BMW」ブランドの乗用車と小型商用車は合わせて2万5,777台と4.4%減らしている。

最終更新:8月4日(木)9時0分

NNA