ここから本文です

出力抑制が頻発した離島、「仮想発電所」で太陽光の発電損失を回避

スマートジャパン 8月4日(木)9時10分配信

 ソフトバンクグループで再生可能エネルギー事業を手掛けるSBエナジーは2016年7月 25日、経済産業省の「バーチャルパワープラント構築実証事業」における「バーチャルパワープラント構築事業」の間接補助事業者に採択されたと発表した。

 同実証では長崎県の壱岐島で、再生可能エネルギーによる発電設備と、電気自動車(EV)を含む電力需要家側の蓄電設備を統合的に制御することで、「仮想発電所」(バーチャルパワープラント、VPP)を構築する。このVPPを活用して、出力制御指令が発令された際、太陽光発電事業者の発電機会損失の回避を図る。

壱岐島では出力制御が頻発

 九州電力によれば、壱岐島の再生可能エネルギーの接続可量は接続可能量は約5900kW(キロワット)である。しかし既にこれを大きく超える再生可能エネルギー電源が接続されている状況だ。

 こうした状況のため、壱岐島では昼間の電力需要が少ない時間帯に、電力供給が需要を超えるリスクが高まり、2016年の4月と5月は初めての出力制御が実施された。4月と5月に3回ずつ、合計6回の出力制御が行われた。いずれも午前9時から午後16時の間の出力を抑制している。

 出力制御は壱岐島だけでなく、2016年の同時期に種子島でも実施されている。種子島では2015年5月に全国で初めて出力制御が行われたが、以降現時点までに10回以上実施されている。再生可能エネルギー電源の接続状況を考えると、今後もこうした出力制御指令が発令される確立は高い。

 実証ではこうした出力制御指令が発令された場合、複数の蓄電池を統合制御するVPPを活用して、発電事業者の発電機会の損失を回避し、電力の有効利用を図る狙いだ。

定置型から電気自動車まで、蓄電池をフル活用

 実証では壱岐島で発電事業を行っている壱岐開発が運営する「壱岐ソーラーパーク」を利用する。SBエナジーがアグリゲーターとして壱岐島内に点在する蓄電設備を遠隔制御し、九州電力から同発電所に課せられる出力抑制分の電力量の供給先を創出していく。

 電力供給先となる蓄電設備は、既設の定置型蓄電設備の他、日産自動車が壱岐市役所へ 3年間の無償貸与を行っている電気自動車(EV)、壱岐島内の一般家庭に設置する蓄電設備などを活用する計画だ。SBエナジーは蓄電設備の容量情報を基に、出力制御指令の前日には必要な蓄電量を確保するための遠隔制御指令を行う。

 制御実施当日は発電事業者向けに新たに確保した電力需要量に応じた出力制御指令をリアルタイムで発令し、需要側コントロールによる需給バランス調整を行う。これにより太陽光発電事業者の発電機会損失を回避する狙いだ。

 実証にはSBエナジー、九州電力、壱岐開発の他、パワコンメーカーのオムロン、東芝三菱産業機器、日産自動車が協力会社として参加する。実証は2016年7月25日~2017年2月28日まで実施する。

最終更新:8月4日(木)9時10分

スマートジャパン