ここから本文です

羽田空港で聞き取りやすいスピーカーを導入へ

レスポンス 8月4日(木)11時30分配信

日本航空(JAL)は、羽田空港国内線ターミナルで、すべての利用客に聞こえやすい音を出すことができる、サウンドファンの「ミライスピーカー」を8月10日に導入すると発表した。

2016年4月1日に施行された「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」への取り組みに加え、すべての乗客にとって利用しやすい、快適な空港サービスを目指す。

「ミライスピーカー」は、大きい音を出さなくても遠くまで響き渡り、言葉や音楽をはっきりと届けることができる特徴を持つスピーカー。耳の不自由な人や、多くの人が「音がよく聞こえるようになった」と実感されたとの実験結果が得られている。これらの特徴を生かし、利用客へアナウンスの案内が多い、チェックインカウンター、保安検査場、搭乗口、空席待ちカウンターに「ミライスピーカー」を導入する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月4日(木)11時30分

レスポンス