ここから本文です

ハリポタ新シリーズ、続編は2018年11月16日公開!

シネマトゥデイ 8月4日(木)19時6分配信

 映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編の全米公開日が2018年11月16日に決定した。米ワーナー・ブラザースが発表した。

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』新映像

 『ハリー・ポッター』の新シリーズとして、ホグワーツ魔法学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の著者である魔法生物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の姿を描く『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。原作者J・K・ローリングが脚本家デビューを果たし、第1弾は今年11月18日より全米で、11月23日より日本公開される。

 第1弾ではニュートが驚異の動物たちでいっぱいのスーツケースを抱えて1926年のニューヨークにたどり着くも、その魔法動物が逃げ出してしまいトラブルに巻き込まれるさまが描かれるが、第2弾では魔法界がいよいよ暗い時代になっていくという。ニュートたちは何に忠誠を誓うか、決断を迫られることになる。

 第2弾でメガホンを取るのは、第1弾に引き続きデヴィッド・イェーツ監督(『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』まで4作も手掛けた)。ちなみに同シリーズは3部作になることが想定されており、第3弾の公開は2020年を予定している。(編集部・市川遥)

最終更新:8月4日(木)19時6分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。