ここから本文です

<新作ゲーム紹介>「真・三國無双 英傑伝」 趙雲が主人公のシミュレーションRPG

まんたんウェブ 8月4日(木)20時38分配信

 三国志の武将となって戦場を駆け巡る「真・三國無双」シリーズの最新作「真・三國無双 英傑伝」(コーエーテクモゲームス)がPS4・PS3・PS Vitaで発売された。三国志演義の英雄・趙雲(ちょううん)を主人公に、オリジナルの三國志ストーリーが楽しめる、シミュレーションRPGだ。

【写真特集】有名武将たちのストーリーも ゲーム画面を一挙公開

 ゲームは趙雲と幼なじみの雷斌(らいひん)が氷柱の中に眠る少女、黎霞(れいか)を発見するところから始まる。暴君・董卓(とうたく)や、黄巾党の残党が各地でのさばる中、趙雲・雷斌・黎霞は歴史の荒波に乗り出していく。赤壁の戦いをはじめ、三国志でおなじみの合戦にも参加できる。

 アクションゲームの「真・三國無双」と異なり、本作は敵味方のユニットをチェスのようにマップ上で動かしながら、敵軍を殲滅していくシミュレーションRPGだ。複数の武将が連続して攻撃を仕掛ける「共鳴」や、黎霞のもつ特殊能力「玉(ぎょく)の力」をうまく用いれば、少数の兵でも大軍を打ち破ることができる。

 劉備・曹操・孫権といった、おなじみの武将も多数登場し、ストーリーを盛り上げる。登場人物の思いに触れられる「天絆鏡(てんばんきょう)」を入手すれば、出会った武将たちのさまざまな会話イベントが楽しめるようになる。武将によっては会話イベント後に新しいシナリオが解放され、勝利すれば仲間にできるなどの特典もあるので、積極的に使ってみよう。

 真・三國無双 英傑伝(PS4・PS3・Vita) CEROレーティングB(12歳以上対象) コーエーテクモゲームス PS4・PS3:6800円(以下税抜き) Vita:5800円 8月3日発売 

最終更新:8月4日(木)23時7分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。