ここから本文です

マンC、リオ五輪参戦のU-23ブラジル代表FWジェズス獲得

ISM 8月4日(木)17時33分配信

 マンチェスターC(イングランド)は現地時間3日、パルメイラス(ブラジル)からU-23ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(19)を獲得することが決定したと発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 マンCの発表によれば、ジェズスは5年契約にサインしたが、2016年12月まではパルメイラスに残り、17年1月にマンCへ加入する。

 ジェズスは南米で最も将来を期待される若手の1人で、2015年にはブラジルリーグの「ベストニューカマー」に選出された。前線の複数ポジションでプレー可能で、パルメイラスのユースチームでは48試合54ゴールを記録。トップチーム昇格後も67試合26得点をマークしている。U-20とU-23ブラジル代表での経験があり、現在はリオ五輪で金メダルをねらうU-23チームに選出されている。

最終更新:8月4日(木)17時33分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。