ここから本文です

宮崎 シーガイア が大変身…小山薫堂アイデアいろいろ

レスポンス 8月4日(木)12時15分配信

宮崎のランドマーク「シーガイア」が開業以来の大変身を遂げ、8月1日にオープン。初日に式典が開催され、フェニックスリゾート松永裕文社長をはじめ、小山薫堂氏、黒木純氏、幅允孝氏などが出席。「日本で最もおいしいリゾート」なる新たなシーガイアの船出を祝った。

[関連写真]

1994年に誕生したフェニックス・シーガイア・リゾート(シーガイア)は、21年を経て2015年春から大規模改修工事に着手。その中核施設「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の全面改装、専用ラウンジ新設をはじめ、地下1階ショッピングエリアや地上42階ブライダル会場などのリニューアル、有名日本料理店の誘致などで集客をねらう。

2階部分「風待ちテラス」をプロデュースした小山薫堂氏(オレンジ・アンド・パートナーズ)は、初日のテープカット式典でこう語った。

「変わったなと思うのは、ここで働いている人たちの表情。これから、宮崎で活躍している人たちがここに集まって、宮崎の新しい魅力を発信していくだろう。新しいシーガイアが、九州復興をけん引するような存在になると思っている」

船が出港するさいに“順風を待つ”という意味を持つ“風待ち”をネーミングに含めた同テラスは、旅をテーマにした空間に。クルマや自転車、鉄道、航空といった書籍やビジュアルも並ぶ。アレンジしたのはブックディレクターの幅允孝氏だ。

福岡市内からシーガイアまでは、九州道・宮崎道を伝って3時間半。「熊本などを経由して“半日ドライブ”で訪れるユーザーが多い」という。

同社の松永裕文社長は式典で、「宮崎にはすばらしい観光資源があり、あらためてその魅力に磨きをかけ、ユーザーに体感してもらえる場をつくった。新しいシーガイアのスタートだが、これで完成ではない。今後も進化させ、高めていきたい」と伝えていた。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:8月6日(土)17時52分

レスポンス