ここから本文です

【レパードS】ケイティブレイブ圧逃決める

デイリースポーツ 8月4日(木)6時0分配信

 「レパードS・G3」(7日、新潟)

 今回も果敢に風を切る。ジャパンダートダービー2着馬ケイティブレイブが3日、栗東坂路で最終追い切り。4F52秒6で先着を決めた動きに、手綱を取った武豊は「いい状態で出走できそう」と手応えをつかむ。久々の中央重賞Vが懸かる目野師ともども逃走Vを狙っている。

 重厚感あふれるダイナミックなフォームで、ケイティブレイブが栗東坂路を駆け上がる。手綱を取るのは前走からコンビを組む武豊。終始、楽な手応えのまま、ナムラムサシ(3歳未勝利)に0秒3先着。全体時計も4F52秒6-38秒1-12秒7と合格点だ。

 「先週も併せ馬でいい動きでしたが、きょうも馬なりでいい動きでしたよ。普段はおとなしい馬で手がかからない。いい状態で出走できそう」と、ジョッキーは笑顔で好仕上がりをアピールした。

 昨年8月30日のデビュー戦(小倉芝1800メートル)で8着に惨敗。その後は一貫してダート戦に絞って使われてきた。2走前の兵庫チャンピオンシップではついに重賞初制覇。前走のジャパンダートダービーでも、勝ち馬に0秒9差をつけられながらも、がっちり2着を死守してみせた。

 ユタカは「前走は3コーナーからプレッシャーがかかっている状況だった。それでも最後までよく頑張っていた」と振り返り、「もまれると良くないので、やはり逃げる方が合っている。うまく逃げられれば」と、今回も逃げ戦法で挑むことを明かした。

 目野師も久々のチャンスに燃える。JRA平地重賞に限ればニホンピロサートで制した04年のプロキオンS以来勝ち星はなく、「勝ちたい」とキッパリ。「引き続き状態はいいし、3歳馬同士ならトップクラスの能力を持っている。跳びが大きいので逃げる形が理想だね」と、風を切っての“圧逃V”を期待している。

最終更新:8月4日(木)8時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。