ここから本文です

【南関東競馬】59歳10カ月的場文リアライズリンクス復活V

デイリースポーツ 8月4日(木)6時0分配信

 「サンタアニタトロフィー・S3」(3日、大井)

 5番人気のリアライズリンクスが、3番手の好位から直線で抜け出して快勝。14年ゴールドカップ以来となる2度目の重賞制覇を成し遂げた。また、騎乗した的場文男騎手(59)=大井・フリー=は、自らの持つ最年長重賞勝利記録を59歳10カ月に更新した。2着には中団から伸びた1番人気のテムジンが入り、3番人気のアメージングタクトが3着に食い込んだ。

 鮮やかな復活劇だ。好スタートから3番手のポジションにつけたリアライズリンクス。最後の直線に入ると的場文のアクションに応え、力強いフットワークを繰り出して先頭に躍り出た。懸命に追い込む後続を寄せ付けずフィニッシュ。自身が持つ最年長重賞V記録を更新した的場文は、「平均ペースだったけど、自分の馬の流れだなと。4コーナーでグッとハミを取ったので、行けるかなと思った」と会心のレースを振り返った。

 1日には通算6900勝を達成するなど、大井の帝王はますます意気盛ん。「長い間乗せてもらって、6900勝という大きな数字に到達できた。ファンの皆さまのご声援と関係者のおかげ。感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びをかみしめた。2着にテムジンが入り、厩舎でのワンツー決着となった小久保師。「リアライズリンクスは爪の不安が解消されたのが大きい。次走はオーバルスプリント(9月15日・浦和)を視野に入れてます」と今後のプランを語った。

最終更新:8月4日(木)8時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]