ここから本文です

被災地リレーいわきに 青森-東京縦断、4日茨城へ

福島民報 8月4日(木)14時7分配信

 青森県から東京都まで東日本大震災の被災地をランニングと自転車でつなぐ「未来(あした)への道1000キロ縦断リレー2016」は11日目の3日、福島県郡山市の開成山陸上競技場を出発し、いわき市のアクアマリンパークに到着した。
 東京都と都スポーツ文化事業団の主催。3日は市民ランナー33人のほか、北京五輪、ロンドン五輪に出場した元トランポリン選手の上山容弘さんと福島市出身の女優白羽ゆりさんがゲストランナーとして参加した。11区間約98キロを走った。
 同競技場での出発式には、ギニア出身でタレントのオスマン・サンコンさんが登場し、「世界中の人が注目している。頑張って」と激励した。品川萬里郡山市長の号砲でスタートを切った。
 12日目の4日はアクアマリンパークから茨城県大洗町を目指す。

福島民報社

最終更新:8月4日(木)14時10分

福島民報