ここから本文です

Google、デスクトップ向け「Chrome 52」の脆弱性を修正

ITmedia エンタープライズ 8月4日(木)10時32分配信

 米Googleは8月3日、デスクトップ向けWebブラウザの安定版「Chrome 52」のアップデートをWindows、Mac、Linux向けに公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 Googleのブログによると、最新版となる「Chrome 52.0.2743.116」では10件のセキュリティ問題を修正した。

 外部の研究者が発見した脆弱性は7件あり、このうち「アドレスバー偽装」「Blinkにおける解放後使用」「pdfiumにおけるヒープオーバーフロー」など4件が、Googleの4段階評価で危険度が上から2番目に高い「高」に分類されている。こうした脆弱性を悪用された場合、攻撃者に任意のコードを実行されたりする恐れがある。

 脆弱性の発見者には危険度や難易度に応じてそれぞれ1000~4000ドルの賞金が贈呈された。

最終更新:8月4日(木)10時32分

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]