ここから本文です

ターザンがヌーの大群と疾走!「ターザン:REBORN」クライマックス映像公開

映画ナタリー 8月4日(木)12時0分配信

「ターザン:REBORN」より、本編映像の一部がYouTubeにて公開された。

アレクサンダー・スカルスガルドが主演を務めた本作は、ジャングルで動物たちに育てられた後、人間の女性ジェーンと結婚したターザンが、妻と故郷に迫る危機に立ち向かう姿を描いたアクション。マーゴット・ロビーがジェーン役を、サミュエル・L・ジャクソンがターザンと行動をともにするアメリカ大統領特使役を務めた。日本語吹替版では桐谷健太がターザンの声を演じ、日本版主題歌を[Alexandros]が担当している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このたび公開された映像は、本作のクライマックスの一部。クリストフ・ヴァルツ演じる官僚ロムに捕らえられたジェーンを救うため、ターザンが2万人を超える強大な軍隊に立ち向かうシーンだ。ライオンやゴリラといった“旧友”たちと心を通わせたターザンが、草原にいた数万匹のヌーの大群をけしかけ疾走する姿が収められている。

「ターザン:REBORN」は全国の劇場で上映中。



(c)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

最終更新:8月4日(木)12時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。