ここから本文です

DeNA筒香100号へ「1」“カジゴウ”アベック弾

デイリースポーツ 8月4日(木)9時0分配信

 「DeNA4-3阪神」(3日、横浜スタジアム)

 失投を逃さなかった。初回、DeNA筒香嘉智外野手が阪神・能見の真ん中高めに入る直球を左中間席中段に運んだ。33号ソロは、大台リーチの通算99号だ。

 「99号?あんまり…というか、まったく興味ない」。数字を追求しない男はほぼ無表情。「強くたたけましたね」と、打席での手応えに納得だ。

 試合前には、7月12日に放った「鳩サブレー」の看板直撃弾を記念して、鳩サブレー280枚をゲット。「鳩サブレーは好きです。みんなに配りました」と笑顔を見せた。

 筒香弾の直前には梶谷が、鳩サブレーの看板の横を直撃する10号ソロ。「バットの出がよくなっている」。ここ8戦5発とこちらも量産体制だ。

 “カジゴウ”アベック弾で決めた勝利。筒香は「カジさんの流れに乗れた」。2人のチームの“看板”が、打で引っ張る。

最終更新:8月4日(木)9時14分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]