ここから本文です

丸川大臣は「負けず嫌い」 テレ朝先輩の雪野智世アナが即答

デイリースポーツ 8月4日(木)9時1分配信

 五輪担当相に任命された丸川珠代議員(45)とテレビ朝日時代に先輩後輩だったフリーアナウンサーの雪野智世(52)が4日、TBS系「白熱ライブ ビビット」で、小池百合子新都知事と丸川大臣の対決について言及。「心の底からすべてを許し合ってはいない、どこかにライバル心のようなものもあるのでは」と分析、また後輩・丸川大臣の性格について「負けず嫌い」と即答した。

 丸川大臣と雪野はテレビ朝日のアナウンサー時代の先輩、後輩にあたり、何年も一緒に働いてきた仲間。そんな雪野は、丸川大臣と小池都知事について「小池さんは知り合いのパーティーに丸川さんを呼んでお話をしたりしているので、多分、小池さんはキャスターの後輩としてかわいがっていて、丸川さんは小池さんを尊敬している間柄」と、決して仲が悪いわけではないと説明。

 「でも女性同士、心の底から許し合ってはいない、どこかにライバル心がある関係」とも付け加えたが「2人とも頭が良いので、処世術もわかっている。直接勃発とかはありえない」と、わかりやすい構図での対決はないとした。

 また、後輩だった丸川大臣の性格について真矢ミキから聞かれると「負けず嫌い」と即答。「凄い頑張り屋。彼女はいつも周りを見て発言するので、ある程度、用意周到。たまたま最初はアナウンサーだっただけで、政治家の方が向いていると思う」と、その能力を高く評価していた。

最終更新:8月4日(木)9時16分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。